シルク館の歴史!

山下公園に行って感じ見たこと!
1859年横浜が開港、次々に外国の船が来航し、横浜居留地には多くの外国人商社が居を構え、
日本人商社も設立されました。横浜港の貿易は大きく発展し、開港から昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが生糸となったのです。
生糸は、陸路や河川を使って、横浜へ運ばれました。
1909年には、日本は中国を抜いて世界一の生糸輸出国になりました。
こうして、日本の蚕糸業は、日本の経済を支え、近代化に大きく寄与したのです。
そして、シルクの街・横浜からは、日本の各地に外国文化が波及していきました。
シルク博物館はこうしたシルクに関する歴史をたどりながら、
絹の科学・技術の理解を深めるとともに、主要なシルク製品の産地の紹介、 貴重な絹服飾の
工芸美の鑑賞の場を提供しています。博物館の展示では真綿づくりやくみひもの実演などシルクの普及を図っています。
シルクミュージアムショップがあり、さまざまなシルク製品の販売も行っています。
シルク博物館はこのような取り組みを通じ、シルクの需要の促進を図るとともに横浜や神奈川における国際観光の振興にも寄与することをめざしています。
シルク博物館は世界的にみても、シルクを専門的に扱った数少ない施設であり、横浜を訪れる外国人もふくめ多くの人に親しまれています。

お問い合わせ 0480-22-5767 ご利用案内
ウェブ限定割引クーポン サービスの流れ
アランベルのブログ一覧へ

企業は”創造と情熱と手探り” 洋裁の好きな方、自営業で仕事をしてみたい方! いらしゃいませ…

毎年、芽を出し夏じゅう不足しない青じそ、そうめん・そば・お刺身など 必要な時、必要なだけ食…

タッチでお電話!
0480-22-5767
WEBからのお問い合わせはこちら

このページのトップへ