シルクが輸出された経緯

1859年横浜が開港、次々に外国の船が来航し、横浜居留地には多くの外国人商社が居を構え、 日本人商社も設立されました。横浜港の貿易は大きく発展し、開港から昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが生糸となったのです。 生糸は、・・・

パッチワ-ク(キルト)の話

アメリカの幌馬車隊で、物不足と時間を、 有効に使いたい婦人たちが作ってから始まったキルトの世界! 日本に1973年に紹介されてから、今日に至るまでさまざまな女性たちに伝わり、アメリカに次いで2番目に広がったそうです。 日・・・

繊維の歴史と日本の衣生活(織物の夜明け)

 天然繊維の利用は中近東から。西南アジアやエジプトの約8000~6500年前の新石器時代の遺跡から織物の断片が発掘され、この頃に織物が発明されたと信じられている。すべて、植物性で、まず、最初にエジプトで麻が続いてインドの・・・

洗剤と洗濯の歴史

 人は何時頃から、洗濯をするようになったのでしょう。そして、人類が最初に発見した洗浄料は、川や泉という自然の水でした。古代人にとって、悠久と流れる川は、神秘、尊厳の象徴でありました。日本においては、水による清めの信仰は“・・・

社交ダンスやフォークダンスはいつ頃日本に伝わってきたのだろうか?

タンゴ Tango 1880年(明治13年)現存する最古のタンゴ「バルトーロ」の楽譜が出版されてすでに150年以上たちました。ヴェノスアイレスの下町ボカ地区で日陰者のようにひっそりと生まれたタンゴは、やがて欧州に渡ってコ・・・

『更紗(サラサ)の語源』の歴史

更紗(サラサ) 木綿布に草花や鳥・動物・人・幾何学模様などを描きいろあざやかに染め上げたインド生まれの仏教と共に生き続けてきた文様染めのことです。 その他の意味 ヒンズー語の「美しい」「より優れた」などの意味。 サンスク・・・

リバティ社の歴史

 私たち子供のころから親しんできた「小紋柄」のような素材が、いつの時代にも流行のようにくりかえされて来ました。リバティプリントには、日本の伝統美にインスパイヤされたルーツがありました。  1875年、アーサー・ラセンビィ・・・

お問い合わせ 0480-22-5767 ご利用案内
ウェブ限定割引クーポン サービスの流れ
アランベルのブログ一覧へ

昭和レトロの素材をいただいたのでブラウスとスカートを作ってみました。 今の「ボタニカル」素…

中国のシルクロード、懐かしく思いだすようなシルクです。 高級品は仕立て映えします!…

最初にスカートを作り、追加でブラウスになりレースを付けメルヘンチックな可愛い上下のBSにな…

タッチでお電話!
0480-22-5767
WEBからのお問い合わせはこちら

このページのトップへ