汚れの原因別落し方

汚れを落す場合、その汚れが何によるものかを判別することが重要です。汚れの原因による落し方の一例をご紹介いたします。

黄ばみの付いたブラウスの扱い方
(絹、テンセル、ウールマーク100%は除く)
お風呂のお湯(適温41~42度)に洋服を綺麗にたたみ、中性洗剤を半カップ程度入れ一晩つけ置きします。そして、翌朝洗濯機で洗濯します。ネットに入れることを忘れないでください。黄ばみの原因は人の汗と油性分(タンパク質が固まったもの)です。地域によっては、水に鉄分が多く含まれている場合がありそれによって衣類が黄ばむことがあります。この場合の落し方はまた別です。
墨汁のしみ 水なしで固形石鹸と人の唾液をつけてもみ洗いし、汚れが落ちたらすすぎをします。唾液には、強力な消化酵素が入っています。試してみて!!
コーヒー、ソース、タレなど まず水を使いできるだけ薄めて落としてください。それから早めにクリーニングへ(絹、テンセルなどは水シミができるのでいじらないでください)。
牛乳、卵、血液 タンパク質の成分は熱い湯では固ってしまうので必ず水で落としてください。硬くなってしまったら、水につけて、ふやしてから落としましょう。
お問い合わせ 0480-22-5767 ご利用案内
ウェブ限定割引クーポン サービスの流れ
アランベルのブログ一覧へ

1.お父様の形見分けのスーツを婦人服にリメーク! 2.注文服なら、8万円はする超特価品 ¥…

自分で織り上げた「マフラー」で出来た「ベストと素材」 日本人は、器用で趣味が豊か・手織りの…

今年はじめての注文服! 定番になりましたが、結婚式やお祝いにタンスに眠っている江戸妻を洋服…

タッチでお電話!
0480-22-5767
WEBからのお問い合わせはこちら

このページのトップへ