アイロンの上手なかけ方

アイロンは軽量で1,000ワット位のスチームアイロンが手頃です。アイロンをかける場合、素材に対する適温を見極めることがポイントです。アイロンの底に水滴を落として発する音と水滴の状態で見分けることができます。 アイロンは右手で、左手で“リード”、これがコツです。労力も体力も時間も節約するためには半乾きのうちにアイロンをかけるとよいですよ。

素材に対するアイロンの適温

素材 アイロン温度(℃)
綿、麻 180℃~200℃
毛、絹、
レーヨン、キュプラ、
ポリエステル
130℃~180℃
アセテート、ビニロン、
ナイロン、アクリル
120℃~140℃
塩化ビニール アイロンはかけられません

アイロンの温度の見分け方

温度 見分け方
100℃前後 ジュッという音がして水滴が広がり、大きな泡になる。
120℃~130℃ チュッという音がして、小さい水滴が周囲に広がる。
150℃~170℃ パチッという音がして、水滴は球状になり周囲に転がっていく。
180℃以上 チッという音がして、アイロン面をぬらさず、すぐ蒸発する。
お問い合わせ 0480-22-5767 ご利用案内
ウェブ限定割引クーポン サービスの流れ
アランベルのブログ一覧へ

日本人もアメリカ人も結婚式にあまり、お金をかけたくない? すべて、普通でシンプル。…

ピーターラビットの素材でフレアスカートとブラウスの予定です。 スカートの仮縫いから。。。 …

新しい素材と古い昭和レトロと混在して仕事が入ってきます。昔の縫い方と現在は温暖化にともない…

タッチでお電話!
0480-22-5767
WEBからのお問い合わせはこちら

このページのトップへ