シルクが輸出された経緯

1859年横浜が開港、次々に外国の船が来航し、横浜居留地には多くの外国人商社が居を構え、
日本人商社も設立されました。横浜港の貿易は大きく発展し、開港から昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが生糸となったのです。
生糸は、陸路や河川を使って、横浜へ運ばれました。
1909年には、日本は中国を抜いて世界一の生糸輸出国になりました。

こうして、日本の蚕糸業は、日本の経済を支え、近代化に大きく寄与したのです。
そして、シルクの街・横浜からは、日本の各地に外国文化が波及していきました。
シルク博物館はこうしたシルクに関する歴史をたどりながら、
絹の科学・技術の理解を深めるとともに、主要なシルク製品の産地の紹介、 貴重な絹服飾の工芸美の鑑賞の場を提供しています。

お問い合わせ 0480-22-5767 ご利用案内
ウェブ限定割引クーポン サービスの流れ
アランベルのブログ一覧へ

日本人もアメリカ人も結婚式にあまり、お金をかけたくない? すべて、普通でシンプル。…

ピーターラビットの素材でフレアスカートとブラウスの予定です。 スカートの仮縫いから。。。 …

新しい素材と古い昭和レトロと混在して仕事が入ってきます。昔の縫い方と現在は温暖化にともない…

タッチでお電話!
0480-22-5767
WEBからのお問い合わせはこちら

このページのトップへ